前へ
次へ

無宗教葬のメリットとデメリットとは

お葬式は、多くの場合、仏教などの宗教の形式に従って行われます。
しかし最近では、宗教の形式にとらわれない「無宗教葬」にも注目が集まっています。
無宗教葬というのは、文字通り宗教の形式ではなく、自分で考えた自由なやり方でお葬式を行うというスタイルであり、その自由なスタイルから自由葬と呼ばれることもあります。
無宗教葬のメリットとしては、まず故人の希望や個性に合わせたお葬式ができるということが挙げられます。
音楽が好きだった方なら、式が行われている時に生演奏で音楽を流すということもできますし、スポーツが趣味だった方であれば、そのスポーツの道具を展示するなど自由に決めることが可能です。
ただしデメリットとしては、一般の形式とは違うため打ち合わせに時間がかかってしまう場合が多いことや、変わったやり方であるため親族等の理解が得られない場合もあるということが挙げられるでしょう。
また費用面に関しては、こだわりが多すぎると一般のお葬式よりも高くなってしまうケースもあると言えます。

Page Top