前へ
次へ

一日葬のメリットとデメリットについて

お葬式というのは、通常だと通夜と告別式を二日間かけて行うものです。
しかし「一日葬」では、通夜を省いて告別式だけを行うことでお葬式の日程を一日に短縮することができます。
メリットとしては、遺族が高齢で体力的に二日間の日程をこなすのが難しい場合などに、その負担を軽減できるということがまず挙げられるでしょう。
そして通夜を省くことによって、葬儀費用も安く抑えることができるというメリットもあります。
さらに遠方から弔問に来られる方にとっても、一日で済む場合は日帰りができるケースもあるため、宿泊費を軽減できるというメリットもあると言えるでしょう。
一方のデメリットとしては、弔問される方の中には通夜だけ訪れるという方も多いため、通夜を行わないと弔問しにくくなる方が出てくるということが挙げられます。
そして会場に関しても、一日しか使わないのに二日分の費用がかかってしまうというケースもあるため、事前の確認が必要でしょう。

Page Top