前へ
次へ

家族葬にはどんなメリットとデメリットがあるのか

最近、よく選ばれている葬儀スタイルに家族葬と呼ばれるものがあります。
家族葬というのは、文字通り家族を中心とした身内だけで行われる葬儀のことを指しており、一般的な葬儀と比べると会葬者の人数が少ないという特徴があります。
葬儀に呼ぶ方の範囲に関しては、家族だけの数人程度の場合から、親族や友人・知人なども含めた30人程度の場合まで幅があり、希望に応じて自由に決めることができます。
メリットとしては、基本的に親しい方たちだけの葬儀になるため、大規模な葬儀のように会葬者の対応で気疲れすることがないということがまず挙げられるでしょう。
そして身内の同意さえあれば自由なやり方での葬儀も可能になるということもメリットだと言えます。
一方のデメリットとしては、比較的新しいスタイルの葬儀であるため、周囲から理解が得られない場合があるということや、葬儀に参加できなかった方が、後になって自宅へ弔問へ訪れるケースがあるということが挙げられるでしょう。

Page Top