前へ
次へ

自宅葬のメリットとデメリットについて

現在では、斎場やメモリアルホールといった会場を借りて葬儀を行うのが一般的になっています。
しかし、昔のように自宅で行うという「自宅葬」も見直されてきており、遺言やエンディングノートなどで自宅葬を希望する方も少なくないと言われています。
自宅葬のメリットとしては、慣れない会場ではなく、住み慣れた自分の家で葬儀が行えるということが一番に挙げられます。
そして会葬者の規模を小さくして行う場合は費用も安くできますし、当然のことながら会場を借りる費用もかからないという費用面でのメリットもあると言えるでしょう。
また一口に自宅葬と言っても、通夜を行わないプランや、通夜と告別式を両方行うプランなどがあるため、希望に応じてさまざまなプランを選ぶことも可能です。
ただしデメリットとしては、人の出入りが多くなるため、ご近所への配慮が必要になるということが挙げられます。
そして葬儀を行うスペースや駐車スペースの確保が必要になるということも、事前に考慮しておくべきでしょう。

Page Top